スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケルの女性史Part1

マイケルはあまり浮き名を流さないタイプでしたけど、彼女と呼ばれる人は
いました。
といっても、ガールフレンドの域を超えない関係でしたけど。
最初は女優のティータム・オニール。
12歳の彼女がマイケルの唇を奪ったことで、おつきあいが始まったそう。
水着でジャグジーに入って長話したり、ディスコで踊ったりとティーンの普通な
交際だったよう。その後自然消滅したのかな?
そして次に交際したのが女優のブルック・シールズ。
こちらは交際というより、よき友人でよき話し相手という感じだったのでしょうか。
当初はマイケルも普通の男の子のように、深い恋愛をしたかったようだけど、
したたかなブルックはマイケルと話すうちに、普通じゃない事を悟って、
友人でいる事に決めたようです。
マイケルのプロポーズを受けて結婚しても、なんとなく長続きしないと思ったんでしょう。
マイケルは多感な子供時代普通でないショービジネスの世界で、通常の子供が経験しない
ようなとんでもない事を見ています。
彼の父親がジャクソン5のファンと性的関係をもったり、兄にいたってはマイケルのいる
ホテルの部屋でファンと行為に及んでいたというのです。
そのようなことを経験し、マイケルは性に対し恐怖感を抱くようになったのです。
そんな相談もブルックは受けていたので、結婚による現実でマイケルを傷つけると思ったのでしょう。ブルックの残酷だけど優しい言葉で彼との友人関係を保とうとしました。
「結婚しなくても私は一生あなたのもの」その交際は彼が死ぬまで続けられたのは
奇跡じゃないでしょうか。
彼が一夜にしてシンデレラボーイになったモータウン25周年ライブでの
華麗なBillie Jeanダンスを披露した日も彼女を連れて来ていました。
その時彼女に繋がれた両手にはあのキラキラ手袋が!
両手あった手袋をワンハンドにはめてインパクト大でまい踊ったBillie Jeanは
人々の心にいつまでも残るものになったのです。

(注:一部私の考察も入る文章です)

明日は女性史続き。MJLOVER1.jpg

スポンサーサイト

テーマ : マイケル・ジャクソン
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

magmajoe

Author:magmajoe
マグが高校生の時から
Michael Jacksonファン
あれから26年Michaelも私も
歳を重ねました
途中で浮気 そしてまた戻り 
今お別れ
私の中でMichaelは永遠のピーターパンです
Michaelのすべてを後世に伝えていけたらと思います。
時に愛しすぎて暴走したときは許して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。