スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつかこんな日が

今日放送された番組を見て、やはりマイケルを変わった人と
認識した人も多かったんではないでしょうか?
本当のマイケルを知るなら彼の歌やダンスや優しいスマイルを。
そして、彼の本当の人生哲学を知ってほしい。

私もマイケルのことをずっと注目し続けてきたとはいえ、
初めて出会った時よりは醒めた気持ちなったこともありました。
それでも、私にとってやはりマイケルは特別な存在。
不安定な彼の話題を聞くたび心を痛め、彼の命は特に心配して
いました。
私はなんとなく彼が早くに死んでしまうのではないかとずっと
思っていたのです。

若いときもよく倒れたって話も聞いたし、薬物中毒の話もずっ
と前からからありました。
でも結婚したり、離婚したり、子供が出来たりと、マイケルも
人並みの人生を送っていたので、彼は大丈夫と思ってしまった
時期もありました。
少年への性的虐待事件でも、私はマイケルはやってしまったの
かなと疑ったこともあるけど、よく考えるとそんなことを出来
る人じゃないとすぐさま理解しました。

彼はハートブレイカー。

実は私もハートブレイカー。

今はそれほどでもなくなりましたが、私は若い時とても傷つき
やすい人間だった。
せっかくの若い時をそんな心のせいで無駄にしたように思います。
マイケルは私より強くなるのが早かったんではないでしょうか。
誰かに利用され傷つけられても果敢に戦っていた。
自由の国にいるのに本当は自由じゃなかったけど、しっかり地に
足をつけて生きてきたマイケル・ジャクソン。

そんな彼でも辛くて不眠症になり、睡眠薬や麻薬を多用して眠り
についていたなんて・・・。
そんな時、もうどうなってもいい。
このまま死んでもいいと思って眠った夜もあったんだとしたら、
胸が締め付けられます。

私も今頭痛や体の色々な痛みで鎮痛薬を飲み過ぎています。
体の痛みは取れても心の痛みまで鎮痛薬では取れないよ。
彼に優しくそう告げる人が側にいたのでしょうか。
彼をやさしく抱きしめる人はいたかもしれませんが、マイケルは
誰の忠告も受け入れなかったのかもしれないと思うと悲しいです。
頑な心は愛する人でも子供たちでも溶かすことは出来なかったの
でしょうか。

裁判でせっかく自由を勝ち取って、これから再起をかけてステージに
立とうとした矢先の死。

いつかこんな日がと思った不安が本当になった悲しい現実。
悔やまれてなりません。

辛かったね。
今はゆっくりおやすみマイケル。

cld02.jpg

パリスがお父さんの寝室のボードに、
「I love you daddy」
「so much more then that get well daddy」
「To Daddy Love Paris」

「大好きだよ パパ」
「早く良くなってね パパ」
「パパへ 愛を込めて パリス」
番組内でこの言葉を残しているのを知って、救われた時もあった
と感じました。
利発なパリス。
この子を残して旅立つのは辛かったことでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : マイケル・ジャクソン
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

magmajoe

Author:magmajoe
マグが高校生の時から
Michael Jacksonファン
あれから26年Michaelも私も
歳を重ねました
途中で浮気 そしてまた戻り 
今お別れ
私の中でMichaelは永遠のピーターパンです
Michaelのすべてを後世に伝えていけたらと思います。
時に愛しすぎて暴走したときは許して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。