スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケルのファンでいることの難しさ

mj_tb_001.jpg

私がいかにマイケルが好きかを語るほど、
家族にはうっとうしがられます。
私が飽きる程家族にマイケルの話をしす
ぎたからかもしれません。
いつかお墓参りにアメリカまで行きたい
なんて話すと、猛烈に反対されました。
絶対に行かせないとも言われてしまった。
そんなにいけないことなのでしょうか?
マイケルのいた場所に行きたいというのが?
もっと何年も先でもかまわないけど、
何年先でも絶対行かせないと反対されて、
ちょっと悲しくなってしまった。
スポンサーサイト

テーマ : マイケル・ジャクソン
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして♪

はじめまして。。。
michaelを検索してこちらに来ました♪「This is it」を観てから彼のことが知りたくて。。。私の心に響いてしまいました。。。
あの2時間でmichaelのとりこになってしまった私です。。。
どうして彼は亡くなってしまったのか。。。ただ悲しい。。。
この気持ちをどうしたらいいのか~彼が生きている時にどうしてもっと感じなかったのか~自分を責めてしまいます。。。
magmajoeさんのこの場所で癒されています♪

midorinさんへ

はじめまして

いつもブログを見て下さってありがとうございます。
midorinさんの気持ち痛い程よくわかります。
マイケルの魅力が充分に伝わるThis is it」でしたから、
マイケルのファンでも今までそうではなかった人も
虜になるのは充分理解できます。

そして亡くなり方も謎に満ちていて、私もまるで
身内を亡くしたかのように落ち込んだ物でした。

わたしなんて、マイケルの長年のファンである
にもかかわらず、途中で忘れてしまって最低な
ファンのひとり。
でも、今好きだったその時の気持ちが蘇り、
このブログを始めました。

これからもマイケルのこと好きな気持ち、
midorinさんとも分かち合えたら素敵ですね。

こんにちは。

ご家族は、とても心配なのですね。
熱意や想いを実感しているからこそ、逆に心配すぎて
意地になってしまうようなところもあるのかも…
メディアの酷い報道で、かなりゆがんだイメージを
定着させられた経緯がありますしね…

私も、おばあちゃんになってからでもいいから
お墓にお花を供えることができたら、と願っています。
家族には…うちのひとはOKしてくれると思うけれど
義父母とかどうかな…。。。。

michiruさんへ

こんばんは

私の発言が波紋を広げてすみません。
私も大切な家族を失ったばかりなのに、
まだマイケルのことを思い過ぎている
ことで家族を怒らせてしまったことを
すごく今反省しているところです。

なんでもわがままを通して生きてきた
のだし、何でも思いが叶うとは思って
いませんけど、夢は持ち続けたい。

michiruさんにも心配かけてすみません。
もう大丈夫ですので。

michiruさんはいつかお墓参りしてくださいね(笑)

No title

いつもmagさんのブログに共感し、慰められています
時には、涙し、感謝しています。
私も、マイケルのお墓参りにいつか絶対に行きたいと
思っています。
でも主人が、その事に賛成してくれるか、一緒に行ってくれるかどうかわかりませんが、私自身の気持ちは固く、いつもマイケルが眠っている所に思いをはせています。
でも私も、あまりにマイケルの事を思い、話すぎて
まわりにうっとうしがられたり、引かれたりしているのでは?と思ったりもしています。
昨日は、ムーンウォークを一気に読み進めてしまいました。多分、今日中に読み終える予定です。英語版なので、読み終える自信がなかったのですが、マイケルをより近くに感じたいという一心でここまで読む事ができました。
毎朝起きる時、マイケルのいない喪失感でつつまれるのが、
ちょっと辛いです。



monteさん

はじめまして
いつもブログ読んでくださりありがとうございます。
わたしもmonteさんと同じ気持ちです。
何年かかってもお墓参り行きたいし、
マイケルの書物もいっぱい読みたい。
類い稀なる才能に恵まれながら、不器用な
生き方をしたマイケルは私に勇気をくれた人。
思い出を大切にしていきましょうね。

気の利いたお返事できなくてすみません。
プロフィール

magmajoe

Author:magmajoe
マグが高校生の時から
Michael Jacksonファン
あれから26年Michaelも私も
歳を重ねました
途中で浮気 そしてまた戻り 
今お別れ
私の中でMichaelは永遠のピーターパンです
Michaelのすべてを後世に伝えていけたらと思います。
時に愛しすぎて暴走したときは許して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。