スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供たちは悲しみと戦っています

MICHAEL JACKSON - LA TOYA: 'JACKSON'S KIDS ARE STRUGGLING'

MJ_KIDS_013.jpg
MJ_KIDS_014.jpg

ラトーヤは語っています。
マイケルの子供達は彼の死によって
心が傷ついていると。
エンシノのマイケルの実家に移った
子供達が、父を失ったことに対処する
姿を見るのは痛ましいことと言いました。
パリスは毎日お父さんへ手紙を書き、彼の
シャツを着ているそうです。
まだ、ダディの匂いが残っているからだそうです。
彼女の部屋はマイケルのポスターがいっぱい貼っ
てあって、彼女は毎日彼のテープをみるそうです。
長男プリンスは父について話をしたがりません。
テレビの前をただ通り過ぎていくだけだそうです。
次男プリンス(愛称ブランケット)はとても内気で、
父を恋しがって泣くそうです。本気泣きです。
でもだれも父親を連れてくることはできません。
とても胸が痛むそうです。
3人はセラピーに通っているそうです。
特に長男が心配です。
カウンセリングで父のことをオープンに語ることを
期待しているそうです。

可哀想ですよね・・・パリスは本当に賢い子。
お父さんを思い起こすことで、対処出来ている
ように思います。
でも、マイケルのシャツを着てダディの匂いを
懐かしむなんてなんだかとても悲しいですよね!

沈黙を続けるプリンスはちょっと
心配ですよね?
そろそろ思春期をむかえる難しい年頃でも
あるし、メソメソするのは格好悪いと思っ
ているのか、悲しみを押し殺しているのか
隠れて夜な夜な枕を濡らしているのか解ら
ないけど、マイケルの初めての子供として
とても愛されたプリンス君。
カウンセリングでは素直に話して、悲しみ
を内に秘めるのではなくオープンにして、
みんなと悲しみを分け合ってほしいです。
でないと、心が苦しいだけだものね。
お父さんが悲しむような子にはならないで
ほしい。

ブランケットは小さいだけに、豪快に悲し
みもオープンですね。
一番家族をおろおろさせる存在だけど、
乳母だった女性に来てもらって、現在は少
しはましになってるかもしれません。

3人ともダディともっと話したいことがいっ
ぱいあったでしょうね。
早すぎるよマイケル(-_-。)
スポンサーサイト

テーマ : マイケル・ジャクソン
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

magmajoe

Author:magmajoe
マグが高校生の時から
Michael Jacksonファン
あれから26年Michaelも私も
歳を重ねました
途中で浮気 そしてまた戻り 
今お別れ
私の中でMichaelは永遠のピーターパンです
Michaelのすべてを後世に伝えていけたらと思います。
時に愛しすぎて暴走したときは許して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。