スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世間で言われているマイケル像

昨日はマイケルの初体験について書きましたが、
今日は真逆のマイケルについての考察です。
確かにマイケルは幼少期のトラウマと子供時代への憧れで、
大人になれない自分をアピールしています。
子供達と遊ぶマイケルは本当に子供みたいです。
子供以上に子供です。
ハイテンションで全力で遊びます。
孤独を嫌うマイケル。
ママに頻繁に電話し、家族とパーティーしたり、
女の子ともデートするけど体の結びつきより精神の繋がりを
重視し、長くいろんな話をするのが好き。
性への漠然とした恐怖を持っていたマイケル。
映画を見たり、曲作りに、ダンスレッスンと自分を駆り立て、
エリザベス・テイラーと遊びにいく事も多かった。
プレイボーイマンションへ行っても実は失敗に終わり、
妻となったリサ・マリー・プレスリーやデビー・ロウともセックスレス。
少年へはいたずらではなく、ベッドを占拠され、自分は床に寝た。
だいたい、ベッドルームに少年や医師など他人を入れ過ぎていた。
外出には常にボディーガード。
部屋近くには執事がいて、直ぐになんでも用意させた。
監視の目がこんなにある中で、女性とは何にも出来ない。
人払いすれば、自分が何をするのか使用人に筒抜け。
プライベートが無いに等しい。
こんな見られ方が女性経験を体験する暇がなかったマイケルを
作り出してしまったのでしょう。
実際のことは誰にも解りませんが、そのような人生は悲しすぎます。
こんな生き方は決してしてないと思います
世間の人がマイケルの発言やいろんなゴシップから作り上げた偶像
と思います
本当はいろんな体験を積むうちに何かが弾けて大人になってもっと
奔放に生きたと思いますよ。
彼のいろんな変化していく写真等見れば生き方が伝わってきます。

(注:私の考察が入る文章ですので鵜呑みしないように。)

MJ_KING.jpg
スポンサーサイト

テーマ : マイケル・ジャクソン
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

magmajoe

Author:magmajoe
マグが高校生の時から
Michael Jacksonファン
あれから26年Michaelも私も
歳を重ねました
途中で浮気 そしてまた戻り 
今お別れ
私の中でMichaelは永遠のピーターパンです
Michaelのすべてを後世に伝えていけたらと思います。
時に愛しすぎて暴走したときは許して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。