スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009VMA マドンナのスピーチ

madonna_speech.jpg


Michael Jacksonは1958年8月に誕生しました
私もです
Michaelは中西部の郊外で育ちました
私もです
Michaelには8人の兄弟姉妹がいます
私にも
Michaelは6歳にしてスーパースターになり
世界一愛された子供でした
私は6歳にして母を亡くしました
彼は貧乏くじを引いたと思います
私には母親が
彼には子供時代がなく
人は手に入らないものに執着するものです
幼少期の私は母親像を追い求め
時にうまくいくことも
しかし世界中の注目を浴び
子供時代を再現することはできますか?
間違いなく
Michael jacksonは歴史上最も偉大な才能です
早熟な8歳の彼の歌声に
胸が締め付けられるような思いをしたり
F・アステアの優雅さと
M・アリのパンチ力を持ち
彼の音楽は
幾重にも重なる魔法のよう
踊りたくなるだけでなく
大空を舞い
どんな夢でもかなえられる気になります
それが英雄(ヒーロー)の役目
Michaelはヒーローでした
世界中のスタジアムでパフォーマンスをして
何億万枚も売り上げ
首相や大統領と食事をして
女の子も男の子もみんな夢中になり
誰もがそのダンスに憧れ
別世界の人に思えましたが彼も1人の人間
例に漏れずシャイで不安定でした
親しくはなかったものの
1991年に彼を知ろうと思い
食事に誘ったのです
”支払いも運転も私
2人きりで”と
彼は護衛も連れず1人で家に来ました
レストランには私の車で
サングラス姿の彼に言いました
”リムジンと話してるみたい”
”サングラスを外して目が見えるように”と
彼は少し考えると
窓からサングラスを投げウィンクして言いました
”見える?これでいい?”と
彼の繊細さと魅力が見えた瞬間でした
私は彼にフライドポテトを食べさせ
ワインを飲ませ
悪い言葉を言わせました
彼がしないようにしてきたことを
その後は自宅で映画鑑賞
子供のようにソファに座り
映画の途中で彼は私の手を握りました
恋人ではなく友達を求める手でした
私は喜んで応じました
その時の彼はスーパースターではなく
1人の人間でした
何度か出掛けましたが
その後は連絡が途絶え
魔女狩りが始まったのです
Michaelへの批判が次々に出てきました
彼の痛みが分かります
世界中が敵になったようなあの苦しみ
自身の弁護すらできない無力さ
群衆の怒号にかき消され
自分の声は届かないと思い知るのです
でも私には子供時代があり
過ちを犯しても
注目を浴びることなくやり直せました
Michaelの死を知ったのは
ツアー前のロンドンでした
彼も一週間後に公演を控えていた会場で
あの瞬間に思ったことは
彼を見捨ててしまった
私たちが見捨てたのです
かつて世界中を熱狂させた
偉大な人物を
平気で見過ごしていたのです
彼が家族やキャリアの再建に勤しむ中
世間は批判に徹しました
みんなが彼を裏切った
私は必死で彼を思い出そうと
在りし日の彼の動画をネットで夢中で見ました
そして思ったのです
なんて個性的で独創的で希少な存在かと
あのような人は二度と現れません
彼はキングでした
しかし人間でもありました
私たちと同じ人間です
その真価に気づかぬまま失ってしまうことも
最後はポジティブに締めましょう
9歳と4歳の息子はMichael Jacksonに夢中で
家では股間つかみやムーンウォークが大人気
彼の才能を知った新世代の子供たちが
彼に再び命を吹き込んでいるようです
Michaelは今どこにいても
きっとほほ笑んでる
そうです
Michael Jacksonは人間でありキングでした
キング万歳!

以上が彼女の全スピーチでした。無かった子供時代へ
の憧憬を持つ普通のシャイな男性であるけど、才能に
あふれ、それを披露すれば全世界の人々を魅了する
スーパースターになってしまったMichael Jackson。
マドンナと少ないけど一緒に過ごしたエピソードは
貴重ですね。
女性の前では堂々として、飾らないで男らしく振る
舞うことを教えられ、その後彼は出会う全ての女性
とこのような、楽しいひとときを過ごせる人に
なったんだと初めて理解できました。
兄弟のジャーメインや彼の父親が、マドンナの子供
たちが彼の物まねをしているというエピソードを聞
いて、嬉しそうにほほ笑むのを見ると、特に彼の
父親の表情を見ると、生きてるうちに許し合えるこ
とができたのではと思います。
でも家族となると、それは非常に難しいこともまた
事実ですが、歳をとった親となら和解は可能な時が
いつか来たかもしれない。
マイケルが生きているうちにこのスピーチを聞いたら、
涙を流して感動したことでしょう。
ステージが成功してまたVMAで表彰されるようなこと
があったら彼はこんなスピーチをまた聞けたでしょう。
ゴシップが先行してしまい、日本でも米国でも奇行ばか
り放送され、彼の素晴らしさを再確認する
番組は一切放送されなかったし、私たちファンも見守る
しかできなかった。
でも彼が何かをするときは必ず注目を続けてきたし、
私たちファンは彼の輝かしい時代を逆に思い出し、
ゴシップで彼のキャリアを無視した報道がなされた時は
怒り続けてきた。
多くのファンと共に私は彼を信じてきたのです。
マドンナのスピーチは素晴らしかった。
QUEEN OF POPからKING OF POPへの最高の贈り物
でした。
感動をありがとう。
そして、ジャネットが歌い踊るScream。
兄と踊ったパートではマイケルも一緒に踊っているかの
ような錯覚さへ覚えるほど。
最後に天を見上げマイケル届いた?っていう表情に思わ
ず涙ぐんでしまいました。
落ち込んではいけないけど、辛くなりました。

こんなんで、This Is Itを見に行けるんだろうか。

悲しみを乗り越えるためにMichael Jacksonという人の
目指した世界のために、何か自分にできることを探して
これからも生きていきたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : マイケル・ジャクソン
ジャンル : 音楽

プロフィール

magmajoe

Author:magmajoe
マグが高校生の時から
Michael Jacksonファン
あれから26年Michaelも私も
歳を重ねました
途中で浮気 そしてまた戻り 
今お別れ
私の中でMichaelは永遠のピーターパンです
Michaelのすべてを後世に伝えていけたらと思います。
時に愛しすぎて暴走したときは許して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。